大学紹介

ABOUT TAISHO

最新ニュース

オンラインで盆踊り!「第10回 鴨台盆踊り」を7月10日(金)・11日(土)に開催します

大正大学では、2020年7月10日(金)・11日(土)の2日間に「第10回 鴨台盆踊り」を開催します。
新型コロナウイルス感染症拡大の影響により、毎年大学のキャンパス内で行っていた鴨台盆踊りを、今年度は初の試みである「オンライン盆踊り」として実施することとなりました。

鴨台盆踊り2020日程ポスター

本イベントは学生が授業を通して企画・運営をしており、大学周辺の地域の方々とともにつくり上げるイベントとして例年開催しています。学生・教職員・地域の方々をはじめとして、どなたでも自由に参加いただけます。
毎年多くの方に直接キャンパスへ足を運んでいただき開催をしていましたが、今年はおうちでも楽しめるようなオンラインイベントとして形を変え、その実現に向け学生が一から組み立てて準備を進めています。地域の方々はもちろん、全国の盆踊りファンの皆さまに向けても発信いたします。

鴨台(おうだい)盆踊り

大正大学の盆踊り(御霊まつり)は、大正大学を会場として戦前より断続的に実施され、1970年代には1万人を超える来場者がありました。その後長らく途絶えていましたが、2011年に東日本大震災の追悼イベントとして現在の鴨台盆踊りが開催されるようになり、今年で10年目を迎えます。昨年度は過去最高の約6,700人の来場者を動員し、巣鴨・滝野川の夏の風物詩として定着しています。




◆授業「サービスラーニングⅠ-B(地域イベントを通した世代間交流)」

鴨台盆踊りというプロジェクトを通して、地域の特徴や課題を考える「課題解決型学習(PBL)」を行います。地域とともにある大正大学の最も特徴的なカリキュラムの一つです。授業では、企画・運営・実践を通して、近隣諸地域との多世代、多属性、多文化の交流をはかります。学生は各班に分かれ、実施における仕組み作りや関係各所への協力調整、広報活動など、共同してプロジェクトを作り上げることで、チームで働く力・主体性・計画力・他者に働きかける力など、社会で活躍するために必要不可欠な能力を養います。

当日の詳細は、6月下旬ごろに「鴨台盆踊り」のページでお知らせいたします。