図書館・研究所

知と情報の集約

沿革・組織

沿革

大正大学カウンセリング研究所は、1963年に大正大学付属研究所として創設されました。当初より、現在の大学院修士課程に相当する実務研究教育を行う2年制の研修生制度も設け、時代に先駆けた研究、教育機関として第一歩を踏み出したのです。

1982年には、元都立松沢病院院長故岡田敬蔵先生が専任教授・所長に、村瀬嘉代子(現特別顧問・前所長)が専任助教授として就任。臨床、教育、研究機関として、一層の整備が進められました。他方、1990年に、文学部の社会福祉学科に福祉心理コースが発足、1993年には人間福祉学科臨床心理学専攻として定員化され、大学教育の中に臨床心理学教育が位置づけられるに至りました。

更に、1997年、大学院博士課程前期課程、1999年博士課程後期課程が発足し、臨床心理学の高等教育機関として完成を見ています。2013年には開設50周年を迎え、今後も、「外来相談」、「臨床研究」、「研修」を行うと共に「臨床教育」を担う機関として、一層の充実を図るべく活動を続けて参ります。

組織

平成30年4月1日
研究推進課

平成30年 カウンセリング研究所 運営体制

相談員(所長) 伊藤 直文
相談員(副所長) 近藤 直司
相談員(主任) 青木 聡、西牧 陽子
相談員(教員) 石川 亮太郎、井澗 知美、内山 登紀夫、大西 真美、柴田 康順、隅谷 理子、玉井 邦夫、日笠 摩子、栁田 多美、山本 渉
相談員 旭 未可子、飯島 帆南、黒田 大貴、保科 保子、渡部 麻美子
相談員(非常勤) 増田 真由美
客員研究員 鈴木 さとみ
客員教授 犬塚 峰子、森岡 由起子、リチャード・ジェイムズ・ミルズ
特別顧問 村瀬 嘉代子