図書館・研究所

知と情報の集約

大正大学教員著作紹介

教育研究活動の成果として、本学専任教員より寄贈された著作を紹介しています。

※2020年度受入分については、購入したものを含みます。

※本の紹介文及び書影は、日外アソシエーツ(株):bookplusより引用、もしくは当館所蔵のものを撮影。

2020年度受入分

増補 宗教者ウィトゲンシュタイン

増補 宗教者ウィトゲンシュタイン

著者
星川啓慈
出版者
法蔵館
出版年
2020年7月
ISBN
978-4-831-82612-1

ウィトゲンシュタインは「哲学者」か、それとも「宗教者」か?ひとつの孤独な魂が、強靱な理性と「神との和解」のはざまで悩みぬいた、感動のドラマ。旧著から30年にわたる著者の研究の深化をへて、新たに発掘された『秘密の日記』『哲学宗教日記』と、「兵士」としての激闘体験とをめぐる考察を縦横にもりこんだ、宗教学からの独創的アプローチ!

眠れなくなるほど面白い 図解 世界の宗教

眠れなくなるほど面白い 図解 世界の宗教

著者
星川啓慈〔監修〕
出版者
日本文芸社
出版年
2020年7月
ISBN
978-4-537-21806-0

みんなまとめて楽しくわかる!「世界には、いくつ宗教があるの?」「一番ユニークな神様は?」「イスラム教の教えって、どこがスゴイの?」など、50の素朴な疑問から構成。キリスト教、イスラム教、仏教の世界3大宗教を中心に、ユダヤ教、ヒンドゥー教、神道などの諸宗教を加えて、歴史、民俗、文学など身近な視点からそれぞれの宗教のナゾを解く。イラスト、図版を交え、疑問にズバリと解説。初めての人でもキリスト教、イスラム教、仏教、ユダヤ教、ヒンドゥー教、神道など、世界の宗教の教えやエピソード、最新の知識を楽しく学べるエンターテインメント教養本。ニュースや国際情勢を理解するため、海外の人と交流するためにも役立つ1冊です。

東京大学総合図書館所蔵嘉興大蔵経 : 目録と研究

東京大学総合図書館所蔵嘉興大蔵経 : 目録と研究

著者
横手裕、末木文美士, 渡辺麻里子, 菊地大樹〔監修〕
出版者
東京大学大学院人文社会系研究科
出版年
2010年9月
ISBN
 
説話文学研究の最前線 : 説話文学会55周年記念・北京特別大会の記録

説話文学研究の最前線 : 説話文学会55周年記念・北京特別大会の記録

著者
説話文学会〔編〕
出版者
文学通信
出版年
2020年9月
ISBN
978-4-909-65835-7

近年、激動する中国や朝鮮半島との関係をはじめ、周辺の国際情勢を背景にしつつ、東アジアをめぐる漢文訓読、歴史文化、宗教、美術等々の研究もまた活況を呈している。そんな中、説話文学研究はどうあるべきか。中国、朝鮮半島、琉球、ベトナムにおよぶ広範の文化圏から「説話」を考究する、研究の最前線ともいうべき、説話文学会の55周年記念・北京特別大会の記録。

リクルートOBのすごいまちづくり2

リクルートOBのすごいまちづくり2

著者
かもめ地域創生研究所
出版者
CAPエンタテインメント
出版年
2020年6月
ISBN
978-4-910-27400-3
戦国期足利将軍研究の最前線

戦国期足利将軍研究の最前線

著者
山田康弘〔編〕
出版者
山川出版社
出版年
2020年5月
ISBN
978-4-634-15174-1

応仁の乱以降、足利将軍は権力を消失し、その威令は京とその周辺にしか及ばなくなった―。一般に言われている戦国時代の足利将軍像は果たして本当なのか?進展めまぐるしい足利将軍及び戦国時代研究の「現在」を、最前線で活躍する研究者10人がわかりやすく解説する。

足利義晴と畿内動乱:分裂した将軍家

足利義晴と畿内動乱 : 分裂した将軍家

著者
木下昌規
出版者
山川出版社
出版年
2020年10月
ISBN
978-4-864-03364-0

将軍の座をめぐる兄弟との激闘、細川高国など大名家に翻弄される幕府。三好長慶ら新興勢力の台頭に、めまぐるしく変わる畿内情勢。没落と上洛を繰り返す苦難の日々の中で、愛息・義輝に託した想いとは!?

石器痕跡研究の理論と実践

石器痕跡研究の理論と実践

著者
御堂島正〔編〕
出版者
同成社
出版年
2020年10月
ISBN
978-4-886-21850-6

石器痕跡研究の方法論と課題を整理し、民族資料も含めた実践的な研究事例を豊富に紹介。気鋭の研究者たちが石器痕跡研究の到達点と応用の可能性を提示する。

子どもの学びが充実する読書活動15の指導法

子どもの学びが充実する読書活動15の指導法

著者
稲井達也
出版者
学事出版
出版年
2020年7月
ISBN
978-4-761-92626-7
学び合い育ち合う学校図書館づくり:新しい時代の学びのリノベーション

学び合い育ち合う学校図書館づくり : 新しい時代の学びのリノベーション

著者
稲井達也
出版者
学事出版
出版年
2020年11月
ISBN
978-4-761-92671-7
女性の大学進学拡大と機会格差

女性の大学進学拡大と機会格差

著者
日下田岳史
出版者
東信堂
出版年
2020年10月
ISBN
978-4-798-91645-3

日本で女性の大学進学率が増加しているのはなぜか?女性の進学先が短大から大学にシフトし、女性にしても男性にしても「大学全入」という言葉が広く使われるようになった。本書は、ライフコースの多様性を前提とする経済分析という視点から、大学進学が女性のライフコースにおける「オールマイティー」な選択肢となっていることを明らかにする。他方で、女性の大学進学率増加の背景に残存するジェンダー・ギャップの諸相を喝破した一冊!

スポーツSDGs概論

スポーツSDGs概論

著者
神谷和義, 林恒宏〔編著〕
出版者
学術研究出版
出版年
2020年10月
ISBN
978-4-910-41502-4