図書館・研究所

知と情報の集約

ラーニングコモンズのブログ

レポートシーズン到来!初めてのレポート~環境整備編~

みなさんこんにちは。コンシェルジュの岩下です。
今回は、この時期に一年生のみなさんからよくいただく質問を対話形式でご紹介します。

題して「初めてのレポート~環境整備編~」です!

girl2.png鴨子先輩 大正くん、なんだか浮かない顔をしてるけどどうかしたの?
boy2.png

大正くん

あ、鴨子先輩!
実は入学して初めてレポートの課題が出たんですが、僕は一人暮らしでパソコンをもってないんです・・・・・・。

レポートを書く以前に、どうやって環境を整えたらいいのか分からなくて困ってます。

girl.png

鴨子先輩

それなら7号館2階のラーニングコモンズへ行ってみたら?
ラーニングコモンズには所属する学部学科に関わらず誰でも自由に使えるパソコンがあるのよ。
boy2.png

大正くん

え、あのパソコン、僕が使ってもいいんですね。知らなかった!
パソコンを使うにはどんな手続きが必要ですか?
girl.png

鴨子先輩

ラーニングコモンズのパソコンを使うのに特別な手続きは必要ないよ。
ただし、入学したときに配布されたネットワーク認証IDとパスワードがないとパソコンが起動できないから気を付けてね。
boy2.png

大正くん

はい、わかりました。
ところで、ラーニングコモンズではレポートの印刷もできるんですか?
girl.png

鴨子先輩

もちろん印刷もできるよ!

ただし、自宅で印刷するのとは違って「印刷」ボタンをクリックしてもどこかのプリンタから印刷物が打ち出されるわけではないから注意してね。

大学で印刷するためには以下のことを覚えておいて。

  • フラッシュメモリ(USBメモリ)が必要
  • PDF形式への変換が必要(WordやExcelで書いたレポートをPDF形式に変換しなくてはならない)
  • お金が必要(白黒一枚10円、カラー一枚50円)
boy2.png

大正くん

な、なんだか難しそうですね。
(フラッシュメモリ?PDF形式に変換?そんなことできるかな・・・・・・?)
girl.png

鴨子先輩

大丈夫!最初は難しく思えるかもしれないけど、慣れてしまえばけっこう簡単だよ。

flashmemory.jpg←まず、フラッシュメモリ(USBメモリ)というのは、よくみんなが使っているこういう機械のこと。
電気屋さんやコンビニエンスストアなどで入手してね。

フラッシュメモリ(USBメモリ)は印刷のためだけではなくファイルの保存や持ち運びにも便利だから、早めに手に入れたほうがいいと思うな。

 

pdf.png←次に、PDF形式というのは、パソコン上でアイコンを見るとこういう表示になっているファイルのこと。

WordやExcelで作成したデータをPDF形式に変換する方法は、ラーニングコモンズのコピー機の前の壁に手順が張り出してあるから参考にしてみて。

ちなみにPDF形式への変換方法についてはweb上でも資料が公開されてるから見てみてね。
/related/tais_library/learning_commons/pdf/learning_office2010.pdf

こうして作ったPDF形式のファイルをフラッシュメモリ(USBメモリ)に保存してコピー機に持ち運んでね。

boy2.png

大正くん

なるほど。

ラーニングコモンズの場合はパソコンとコピー機がネットワーク接続されていないから、印刷用のデータをフラッシュメモリ(USBメモリ)に入れて持ち運ぶ必要があるんですね。

girl2.png

鴨子先輩

そうそう、その通り!

フラッシュメモリはコピー機本体にある挿入口に差し込んでね。詳細はタッチパネルで設定できるよ。

boy2.png

大正くん

つまり、大学内で作業をするときは、レポートを書く時間だけではなく、印刷準備にかかる時間も計算しておかないとならないんですね。いつ行ってもパソコンが使えるとは限らないですし・・・・・・。

girl2.png

鴨子先輩

そうだね。わたしが知る限り1限目の時間帯はパソコン席もいくぶん空いているみたいだけど、この時期はレポートを書きにくる人も多くなるからね。

それから、機械関係で分からないことがあったら、7号館2階の教育開発推進センターの職員さんに質問してみて。
きっと助けてくれるはずだよ。

boy2.png

大正くん

いざというときには職員さんも頼っていいのは安心ですね。

よし、あとはラーニングコモンズへ行ってレポートを書くだけだ!
頑張るぞー!

いかがでしたか?
大正くんと同じ悩みを抱えている人はぜひ参考にしてみてくださいね。

それではまた~ ヾ(*'▽'*)o