図書館・研究所

知と情報の集約

ラーニングコモンズのブログ

2018年04月26日ビブリオバトルレポート!

みなさんこんにちは!
本年度新入職員の湯浅です。
今回ビブリオバトルに初めて参加させていただきました。
初めてのレポートもやってみたいと思います!

本年度第1回目のビブリオバトル、フリーテーマでの開催となりました。
みなさん自由にイチ押しの本を持ってきてくれました。

今回は私を含め4人でのバトルとなりました。


まず一人目はわんこさん。
漫画のご紹介です!
『グッドナイト、アイラブユー』
著者:たらちねジョン
出版社:KADOKAWA


父親は家を出ていき、母親は遺言を残しこの世をさった…
大学生の主人公は、母の遺言に従いロンドンへ渡るが、その地でまた母からの言葉にたどり着き、別の地へ渡る。その繰り返しの旅がはじまります。
すっかり心のすさんだ主人公が、旅を通して家族の想いに触れ、仲間との時間によってこころを開き、最後には母の死をどう受け入れていくのか。
主人公の成長が見どころ!と、わんこさんイチ押しです。
イラストも綺麗で、海外を渡り歩く様子は見ていても楽しいです!

2人目はいじちさんです。

『嫌われる勇気―自己啓発の源流「アドラー」の教え―』
著者:岸見一郎、古賀史健
出版社:ダイヤモンド社


アドラーの教えが対話形式で読みやすく書かれた本書。
「自分の考え方・価値観は自分で変えられる」
そこに日々の悩みから脱する糸口がある。
いじちさんは本書を読み、「これらの教えを実践することはできるだろうか…」という思いも抱きつつ、もやもやが解消され、世界が開けた!と実感されたそうです。

ラーニングコモンズにある一冊です!
なんだかもやもやするな、自分のこころを冷静に見つめ直してみたい、そう思った際にはぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。

3人目は私、ゆあさです。
『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12ステップ』
著者:トミヤマユキコ、清田隆之
出版社:左右社


これまでの学生生活とはガラッと変わり、4月から始まる自由で不安な大学生活。
そんな大学1年生の不安を解消してくれる一冊です。
著者たちが自身の大学1年生の時の黒歴史を赤裸々に、こんなことやっておけばよかったな~、こんな風に考えるのがよかったな!と語っています。
大学1年生なんて終わってしまった!という人たちにも、
新しい環境での人との付き合い方、周りと比べて落ち込んでしまった時の考え方など、初心に帰って自身の生き方を見つめなおすことができる内容になっており、おすすめです。

最後のバトラーはいわもとさん。
『アイデア大全―想像力とブレイクスルーを生み出す42のツール』
著者:読書猿
出版社:フォレスト出版


ラーニングコモンズにある一冊を紹介してくれました。
アイデアの出し方を紹介している本書。
私たちが無意識にやっている方法もあれば、そんな方法があるのか!と驚くようなものも。
実際に使ってみようと思えるアイデア創出術が目白押しで、わくわくします!
また、様々な方法を見ていく中で、これまで人々がどのような考え方をしてきたのか知ることができ、興味深い!というのが、いわもとさんのおすすめポイントでした。

4冊出そろい、投票の時間です!

今回の最多票は…

『大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12ステップ』
となりました!

初めてのビブリオバトルで最多票をいただくことができ、とても嬉しいです。
ありがとうございました!

その後は4冊を囲み、みんなでわいわいお話しました。
本を通して交流でき、とても楽しい時間となりました。

みなさん、おすすめの一冊を紹介する姿はとてもいきいきしており、どの本も読んでもたい!という気持ちになりました。
ビブリオバトルと聞いて、なんだか難しそう、そんなに人前で話せない…という人も、
好きな本を持って気軽に参加してみると、友達が増えたり、好きな本が増えたりするかもしれません。
まずはラーニングコモンズに立ち寄り、バトルを見て、投票に参加するだけでも楽しいと思いますので、ぜひ、次回をお楽しみに!