図書館・研究所

知と情報の集約

ラーニングコモンズのブログ

BB(ビブリオバトル)10月号

こんにちは 今回のビブリオバトルの報告をさせていただく田渕です。

今回は2名の参加でフリーテーマで開催しました。 

1冊目 

書籍名:ロング・グッドバ
著者名:レイモンド・チャンドラー / 村上春樹【訳】
出版社:早川書房

私立探偵のフィリップマーロウは、富豪も娘、シルヴィアレノックスの夫、テリー・レノックスとひょんなことから出会い、親交を深める。やがてテリーは妻を殺し他容疑をかけられ自殺をしてしまう。がその裏には隠された秘密があった。
この小説の中でマーロウとテリーが飲む酒の名前が「ギムレット」である。このカクテル言葉である「長いお別れ」はこの小説からきています。
また「さよならを言うことは少しの間死ぬことだ」というセリフも有名です。

2冊目 

書籍名:すばらしい新世界
著者名:オルダル・ハクスリー / 松村達雄 【訳】
出版社:講談社文庫

科学技術の発達した未来を描いた設定です。人々は工場生産で生まれ働く必要がなくなった世界でのお話。デメリットのない麻薬「ソーマ」が広く流通し人々がただ娯楽を享受している社会を描いています。筆者のオルダル・ハクスリーは「科学技術が発達しきった結果、苦労も人生の一部になるのでは」と推薦者も語っていました。


今回は秋学期最初のビブリオバトルということもありエキシビションとしてチャンプ本は決めませんでした。しかし、どちらの本も非常に面白そうでした。

次回のビブリオバトルの参加者大募集です!皆さんの好きな本を持ち寄って熱く語り合いましょう!