図書館・研究所

知と情報の集約

綜合仏教研究所

【開催御礼】公開講座「欧米における日本仏教研究の現状」について

2014年6月25日(水)、マーク・ブラム (Mark Blum)先生を講師にお迎えし、標記の講座を開催いたしました。
 
マーク・ブラム 先生は、アメリカ カリフォルニア大学バークレイ校教授であり、日本仏教の研究者です。

今回の講座は、本研究所研究員 石田一裕 さんのご紹介により実現いたしました。
 
内容としては、アメリカの大学における日本仏教研究の位置付けや、英語における日本仏教研究の難しさについて、自身の研究成果をふまえ、わかりやすく解説をして下さいました。
 
また、講義が日本語で行われたことから、本研究所の所員に加え、本学の大学院生や外部からの参加者も多く見られました。

聴講されている方々のうなずきながら聴き入っている姿が印象的であり、質疑応答の時間では、活発な議論がおこなわれ、盛況の内に講座を終えることができました。
 
マーク・ブラム 先生をはじめ、ご来場いただいた皆様に厚く御礼を申し上げます。

 

綜合仏教研究所事務局

 

 

<マーク・ブラム 先生  講義の様子> 

講義の様子.jpg  マーク先生.jpg