図書館・研究所

知と情報の集約

綜合仏教研究所

【業績・活動報告】日本印度学仏教学会 第65回学術大会にて研究発表を行います!!

日本印度学仏教学会は、50年以上の歴史をもち、人文社会系の学会としては日本で最大規模である、権威ある学会です。

日本印度学仏教学会 学術大会では、本研究所在籍者も毎年発表を行っています。

本年の第65回学術大会では、下記の本研究所研究員・研究生の方々が発表の予定です。

 
                記


■大会名:日本印度学仏教学会 第65回学術大会

 

■開催日程:平成26年8月30日(土)・8月31日(日) 
                    [於:武蔵野大学 有明キャンパス(東京都江東区)]


■発表者:

 

【平成26年8月30日(土)】

 [研究発表 午前の部(9:00~12:00)]
 [第3部会] 
 ◆石田一裕(大正大学綜合仏教研究所 研究員)
   「テキストは書き換えられるのか?─『大毘婆沙論』における「有別意趣」の考察を通して─」 


 [研究発表 午前の部(9:00~11:20)]
 [第6部会]
 ◆宮部亮侑( 大正大学綜合仏教研究所 研究員)
  「通相三観の論法について」


 [研究発表 午後の部(13:20 ~16:00)]
 [第7部会] 
 ◆寺本亮晋(大正大学綜合仏教研究所 研究員)
  「越三昧耶について」 


【平成26年8月31日(日)】
 [研究発表 午前の部( 9:00 ~12:00)]
 [第6部会] 
 ◆工藤 量導(大正大学綜合仏教研究所 研究員)
  「迦才『浄土論』における慈等の十念説について」

 

 

以上。
みなさんの発表にご期待下さい。

なお、本大会についての詳細は、下記URLにてご確認下さい。

 

※日本印度学仏教学会ホームページ
 (日本印度学仏教学会第65回学術大会開催のご案内)>>
 http://www.jaibs.jp/conference/
 

 

綜合仏教研究所事務局