図書館・研究所

知と情報の集約

綜合仏教研究所

【ご案内】公開講座「東北チベットに両界曼荼羅の源流を訪ねる」開催について

このたび本研究所では、公益財団法人中村元東方研究所 研究員・チベット文化研究会副会長である田中公明先生を講師にお迎えし、ご講演いただきます。

予約不要および無料でどなたでも聴講できますので、ふるってご参加ください。

皆様のご参加をお待ちしております。

 

           記

 

■日時 

平成27年1月21日(水) 14:50~16:20(4時限目)
※都合により、2月4日(水)に日程変更の可能性があります。
 変更が生じた場合は本研究所HPブログおよび学内掲示を通じてお知らせいたします。
 
 
 

■場所 

 綜合仏教研究所研究室1(3号館4階)


■講題 

 東北チベットに両界曼荼羅の源流を訪ねる

 

■講師 

 田中 公明 講師
 (公益財団法人中村元東方研究所 研究員/チベット文化研究会副会長)


 
■講義概要

 チベット仏教に伝えられる砂曼荼羅は、インドの土壇曼荼羅を今日に伝える貴重な文化遺産として、注目を集めている。
 しかし日本密教の根幹をなす胎蔵・金剛界の砂曼荼羅については、十分な調査が行われていない。
 ところが東北チベットのラジャ(拉加)寺では、現在も17種の砂曼荼羅のレパートリーが伝えられ、その中には胎蔵と金剛界が含まれている。
 本講義では、ラジャ寺の砂曼荼羅の中から、とくに胎蔵曼荼羅を中心に報告したい。

 


【問い合わせ先】大正大学綜合仏教研究所事務局 03-3918-7311(代表)