図書館・研究所

知と情報の集約

綜合仏教研究所

【開催御礼】特別講座「縁起と空ー大乗仏教思想の源流を探るー」

綜合仏教研究所では、斎藤明先生をお迎えし、全5回の特別講座を開催いたしました。

以下、安井光洋研究員の報告レポートです。

**********************

  綜合仏教研究所では東京大学名誉教授・国際仏教大学院大学教授の斎藤明先生をお招きし、特別公開講座(全5回)を開講いたしました。今回の講座のテーマは「縁起と空 大乗仏教思想の源流を探る−」です。

 「縁起」と「空」は日本の仏教でも広く知られたものではありますが、その意味を正確に理解することは容易ではありません。縁起と空はどちらも仏教の思想における極めて重要な用語であり、そのルーツは初期仏教まで遡ることができます。そして、インドの仏教は長い歴史の中でこの縁起と空について多様な解釈を展開させてきました。このような縁起と空をめぐる思想の展開を通して、初期仏教、有部アビダルマ(部派仏教)、ナーガールジュナ(中観派)、瑜伽行唯識派、如来蔵・仏性説と5回に分けて講義をしていただきました。

 釈尊の菩提樹下での悟りに基づく縁起の教えが、有部アビダルマの論師たちによってどのように伝えられ、さらにそれが後代の大乗仏教においてどのように解釈されたか、そしてそこに空の思想がどのように関わっているかについて、先生は実際に経論で説かれている例を挙げながら丁寧に解説をしてくださいました。

 今回の講義を通じて、仏教の根本的な教えである縁起と空の思想について改めて、理解を深めることができました。貴重なご講義を賜りました斎藤先生に心より御礼を申し上げます。

 
   
***********************

ご来場いただいた皆様に厚く御礼申し上げます。

綜合仏教研究所では、今後も研究の第一線で活躍されている先生方を講師としてお呼びする予定です。予約不要・参加費無料ですので、皆様ぜひふるってご参加ください。

綜合仏教研究所事務局