学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

星川 啓慈ホシカワ ケイジ
文学部 人文学科
教授

「考える」という姿勢を身につけてほしい。「考える」ことはつらいけど、面白いし、何よりも人間としての特権だと思う。しかし、考えても仕方がないことを考える必要はない。「何を、いかに考えるか」が大切。大学では、そのセンスを磨いて欲しい。パスカルの「人間は考える葦である」という言葉を、ふかく味わえるようになってくれると嬉しい。

役職 比較文化専攻長
大学院担当 比較文化専攻
学位 博士(文学)
専門 宗教哲学、言語哲学、文化学
専門に関する簡単な説明 言葉とリアリティ(現実)の関係を考えています。
オフィスアワー 春学期:水曜日2限 秋学期:水曜日2限
研究分野 哲学・宗教,文化