学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

古田 正幸 フルタ マサユキ
文学部 日本文学科
准教授

古典文学には多くの謎があります。なぜ、この登場人物はこのような行動を取るのだろう? なぜ、この場面はこんな表現で描写されているのだろう?etc. そして、これらの謎は十分に説明され尽くされたことばかりではありません。 古典文学に親しむことはもちろんですが、こうした古典の謎の解明への挑戦を通じて、調べる力、考える力、文章で説明する力、他の学生と意見を交換する力、現代日本とは異なる文化を客観的に受け止める力などを皆さんに養ってもらいたいと考えています。 私と一緒に古典文学の謎に立ち向かってみませんか。

学位 博士(文学)
専門 平安朝文学
専門に関する簡単な説明 『源氏物語』などの平安時代のひらがなで書かれた文学作品の表現の研究を行っています。平安時代当時の資料には、当時の「ことば」の意味の説明がないことも少なくありません。そのため、「ことば」や表現が用いられた例や文脈から、その意味を類推し、確認する必要があるのです。こうした表現の研究を通じて、文学作品の解釈の更新を目指しています。
オフィスアワー 春学期:月曜日4限 秋学期:月曜日5限
研究分野 文学、文化
出身地 埼玉県
出身大学 東洋大学
出身大学院 東洋大学大学院
趣味 読書(奥泉光など)、喫茶(コーヒー中心)