学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

山田 潤治ヤマダ ジュンジ
表現学部 表現文化学科
准教授

私の座右の銘は、論語のなかのことば「人知らずして慍らず 亦た君子ならず乎」です。即座に役に立たないものでも、長期的視点で見た時に有益であるものに、価値を感じます。教育とはそのようなものではないでしょうか。1年先、5年先の利益ではなく、50年先、100年先の社会への貢献を考えると、ひとづくりをおいてほかにはありません。大学では、どんな技術や技能を身につけるか、ではなく、どんな人物になるのか、を常に考えてほしいと願っています。

役職 表現文化学科長(代理)
学位 修士(政策・メディア学)
専門 比較文学
専門に関する簡単な説明 日本の戦後文学批評において、歴史がどのように叙述されてきたかについて研究をしています。とくに、大正大学図書館で旧蔵文献を管理している江藤淳が、アメリカの文芸批評家のエドマンド・ウィルソン、精神分析学者のエリック・エリクソンからどのように影響をうけ、自身の文学観を構築し行ったかを、テキスト分析的手法によって研究しています。
オフィスアワー 春学期:月曜日4限 秋学期:月曜日4限
研究分野 文学
出身地 京都
出身高校 奈良・東大寺学園
出身大学 慶應義塾大学SFC
出身大学院 慶應義塾大学SFC
座右の銘 「人知らずして慍らず 亦た君子ならず乎」「天壌無窮」
教員データベースURL http://acoffice.jp/tsuhp/KgApp?kyoinId=ymdggbgoggy