学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

教員プロフィール

田中 仁 タナカ ヒトシ
文学部 日本文学科
准教授

学生のうちにできること(学生のうちにしかできないこと)がたくさんあります。幅広く、着実に学びを深めましょう。また、学生の特権や学生に対する優遇措置を大いに活用して、友人と旅をしたり、芝居を観たり、有意義な時間を過ごしてください。学生時代の思い出はきっと一生ものの財産になるはずです。

大学院担当 国文学専攻
学位 博士(日本語日本文学)
専門 日本近世文学
専門に関する簡単な説明 江戸時代の文学、とくに江戸時代中期から幕末明治期にかけての和歌や歌人について研究しています。江戸時代の文学は、それ以前の文学が培ってきた知と教養をある時は受け継ぎ、ある時は打ち破りながら自らを形作ってきました。江戸時代の和歌も例外でなく、伝統を受け継ぎあるいは打ち破りながらさまざまに展開しました。長い和歌の歴史の中で、江戸時代の和歌がどのような位置にあったのか、幕末・明治期の歌人たちはどのような態度で歌をよんだのか、などに関心を持っています。
オフィスアワー 春学期:木曜日5限 秋学期:木曜日5限
研究分野 文学、文化
出身地 東京都(のち千葉県・栃木県)
出身大学 法政大学
出身大学院 学習院大学 大学院 人文科学研究科
座右の銘 自重互敬
趣味 ①文学散歩や掃苔(著名な文化人の墓参り) ②寺社・近代建築・庭園・喫茶店めぐり ③和本や短冊の収集 ④音楽や舞台の鑑賞
教員データベースURL https://www.acoffice.jp/tsuhp/KgApp?resId=S000190