学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

臨床心理学科

◇豊島区BBS会「東京少年鑑別所見学会」5月2日◇

  

 臨床心理学科の中に事務局があり、学科学生が会長をつとめている豊島区BBS会が、5月2日に東京少年鑑別所の見学会を行います。

 少年鑑別所は、法務省の機関で、非行により立件、家庭裁判所送致された少年が、心身鑑別のために家庭裁判所の決定によって入所する施設です。 数週間過ごす中で、行動観察、面接、心理テストなどによって、心身の特性が把握され、その結果は、家庭裁判所の審判の資料とされるとともに、審判の結果少年院送致になった場合には、少年院での処遇指針とされます。

 会員以外で参加を希望される方、BBS会に興味のある方は、n_ito@mail.tais.ac.jp 伊藤まで問い合わせて下さい。人数に限りがあり、会員優先ですが、余裕がある限りで参加いただくことができます。

 会員は豊島区BBS会役員に申し出てください。

            日 時 :平成29年5月2日 14時から15時30分

                 ※13時45分 東京少年鑑別所正門前集合

            場 所 :東京都練馬区氷川台2-11-7 

                ※当日参加はできません。直接少年鑑別所に問い合わせはしないでください。

            申し込み締め切り :4月24日()    
                      ※定員に達ししだい締め切り

        

B B S会とは>

 BBS(Big Brothers and Sisters Movement)は、その名のとおり、少年少女たちに、同世代の、いわば兄や姉のような存在として、一緒に悩み、一緒に学び、一緒に楽しむボランティア活動です。 その名は、今から約100年前にアメリカで始まった、Big Brothers MovementやBig Sisters Movementにちなんで名付けられました。

 全国に約500の地区BBS会があり、50の都府県BBS会、日本BBS会連盟が組織されており、保護観察所、保護司会等と連携しながら、活動しています。

 豊島区BBS会は、現在大正大学内に事務局があり、定例会で学習や体験報告をしながら、区の「社会を明るくする運動」や地域の子ども育成活動、ボランティア活動などに参加しています。5月には講演会の開催も計画しています。
                                 

参考 ; 日本BBS連盟ホームページ http://bbs-japan.org/about
                                                                                                                 ※写真はWikipediaから