学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

臨床心理学科

新任教員紹介3 門本泉先生

 2022年度の臨床心理学科は、新たに3名の教員を迎えることとなりました。今回は、門本泉先生をご紹介します。
 門本先生の専門は、「臨床犯罪心理学」そして「Transactional Analysis」です。

[門本先生による自己紹介]
 30年近く、非行少年や受刑者と呼ばれる人びとのいる臨床現場で働いていました。人間の奥深さを知ることができる仕事でした。また、同じくらい長く、人と人との「やりとり」をよく観ていくという営みから、人の人生は健康的に変わり得る、というプロセスを勉強し続けてもいます。
 好きなものは、おいしいものと旅行です。だから、旅先でおいしいものを口にしたときは、一番幸せです。外の世界へ出ていくと、知らないものがたくさんあることに圧倒され、己の小ささや無知に圧倒され、内省が深まる気がします。自分というもの、日本という国、心理学という学問について、新しいイメージがたされていく感じがします。

[高校生におすすめの本]
 本当は「ゲド戦記」(ルグィン)と言いたいのですが、最近、同書は30代向きの本だと考えるようになりました。代わりに高校生には、「賢者の書」(喜多川泰)をお勧めします。幸せになるヒントは、いつも身近にあるということが確認できます。