学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

哲学・宗教文化コース

【哲・宗】寺田ゼミ合宿

哲学・宗教文化コース3年村野・高山です。
私たち寺田ゼミは熱川へ行ってきました。電車で3時間半程の長い旅でしたが、海が広がる景色を眺めながらゆっくりと向かいました。

             

             

ホテル到着後の自由時間では、海やホテルのプールで泳いだり散歩や温泉へ行ったりと各々の時間を満喫しました。
私たち(高山・村野)はホテルのプールへ行き、途中から先生や先輩方も来られてとても楽しかったです。

夕食後は先輩方の発表時間です。
卒業論文に向けての目次とそこから抜粋した内容を発表してくださいました。
タイトルのみですが、以下の通りです。
・国家神道下における天皇
・インドネシアに見る「イスラム化」-インドネシアの教育-
・明治時代の音楽と伊沢修二の教育との文化的関連性
・新宗教と若者
・日本ヒッピーにおけるインド思想
・中世日本のおけるハンセン病患者について
・台湾中国系ムスリムの越境性
どの発表も新鮮で面白く、来年自分がこのように書けるか不安になりましたが頑張ろうと思える発表時間でした。

             


発表後は懇親会を行い親睦を深めました。途中で私たち3年は海辺で手持ち花火を楽しみました。

               

夏らしいこともでき、たくさんの学びを得ることができたゼミ合宿でした。
この学びを活かし今後の発表や卒業論文制作に取り組みたいです。

             


                                           文責 村野、高野