学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

国際教養コース

英語ライティング部門で奨励賞受賞!

第21回大正大学アカデミックコンテストの英語ライティング部門で、国際教養コース2年生の豊崎 碧さんが奨励賞を受賞しました!!

大正大学アカデミックコンテストは通称「アカコン」と呼ばれ、「大正大学にある隠れた才能を発掘し、その開花を応援する」、を目的としたコンテストです。

今回の受賞について、豊崎さんにインタヴューをさせていただきました!

Q.アカデミックコンテストに挑戦しようと思った理由は何ですか?

A.自分の力試しです。「初めて大正大学を訪れた外国人に英語で大学を説明する」という英語ライティング部門の課題が、私が国際教養コースで学んでいる「仏教と日本文化を学んで英語で伝える」ということにピッタリと当てはまると思い、チャレンジしてみました。

Q.実際にアカデミックコンテストに参加していかがでしたか?

A.とにかく国際教養コースで仏教と日本文化を勉強している自分にしか書けない文章を目指しました。大学の宗派を説明するのがとても難しくて苦労しました。英語の長文を書いたのが初めてで大変でしたが、書いていて楽しかったです。とても良い経験になり、参加をして良かったと思います。



Q.賞金はどのように使いたいですか?

A.英英辞典の購入と今後のTOEIC試験の受験費用に充てたいです。



Q.今後の目標について教えてください。

A.まずは2月のハワイ語学研修で日常の英語を学び、英会話力を上げたいです。



豊崎さん、おめでとうございました!!

豊崎さんのエッセイを含む受賞作品は、3月に発行される「銀杏」に掲載されます。

文責:野村島 弘美