学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

クリエイティブライティングコース

佐渡岩首「竹灯り」に参加してきました

8月25日~28日の4日間、表現学部学生有志4名・教職員9名で新潟県佐渡島を訪れ、「竹灯りの集い」に参加してきました。

岩首の竹林から伐採・切断された灯籠用の竹。ふだん我々が食べているタケノコの品種「孟宗竹(もうそうだけ)」ではなく、「真竹(まだけ)」という品種です。
iwa1

「竹灯りの集い」会場になるのは岩首談義所という施設です。旧岩首小学校校舎にあります。ここで全国様々な大学から有志学生が集まり、合宿しながら準備作業からお祭りの主催、片付けまでをおこないます。
iwa2 iwas

旧岩首小学校の校章をかたどった表現。表現学部学生の表現センスが光ります。
iwa3

談義所から数分歩くとすぐ海岸に出ます。岸壁にも灯籠を並べていきます。
iwa4

4000個以上の竹灯籠の配置、ろうそくの仕込みがおわり、いよいよ着火開始です。
iwa11 iwa12 iwa5 iwa6 iwa7 iwa8 iwa9

せまる夕闇と反比例し灯籠の光の鮮やかさが増していく頃合い。地域の方々も続々駆けつけます。
iwa14 iwa13

集いの終了後、参加学生一同、地域の方々との交流会。大変楽しい時間を過ごさせていただきました。
iwa16

来る9月21日の表現学部学生一年生による恒例行事「光とことばのフェスティバル」では、今回訪れた岩首から竹をいただき、我々なりの「竹灯り」に挑戦します。ぜひご来場下さい。(徳永直彰 記)