学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

クリエイティブライティングコース

「小説現代」最新号に額賀澪先生と朝井リョウ氏との対談が掲載されています

クリエイティブライティングコースで「ワークショップⅤ」などの授業を担当されている小説家・額賀澪先生と、
『桐島、部活やめるってよ』の朝井リョウ氏との対談が、
「小説現代」最新号(2018年7月号)に掲載されています。

対談では、
『屋上のウインドノーツ』で松本清張賞の額賀先生と『何者』で直木賞受賞の小説家・朝井リョウ氏が、
青春小説の未来や、望まれる新人作家像、
ご自身のデビューから新人作家時代の思い出などを語られています。
修業時代の苦労や焦りなどにも言及があり、
文芸を志す者に勇気と指針を与えてくれる内容です。
ぜひ手に取ってみてください。

また、同号には額賀先生の新作小説「ジョックロックに笑え」も掲載されています。
高校の野球部と吹奏楽部を題材とした額賀先生ならではの青春小説で、
夢の挫折と再生を爽やかに描いた好短編です。

額賀先生は松本清張賞、小学館文庫小説賞でデビュー後、
小説やエッセイを次々に発表し、
青春小説の旗手として脚光を浴びています。
クリエイティブライティングコースでは
「ワークショップⅤ」
「リテラリーライティング研究A」をご担当、
ワークⅤでは小説制作の実践演習のほか、
リテAでは雑誌・ウェブなどのライター文章演習など、
多角的な授業を展開しています。