学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

エンターテイメントビジネスコース

企業とコラボ!いよいよ大詰め!社会福祉学科の先輩方,ご協力ありがとうございます!

エンターテインメントビジネスコース2年の早乙女です。

 

 

11月から基礎ゼミナール(注1)で展開しているスケッター(注2)と
コラボレーションさせていただいているPR戦略についての学びを報告します。

来週にプレゼンコンペの本番を控え、社会福祉学科の3年生に
介護の現状や福祉を学ぶ学生の視点などを伺いました。

 

2ヶ月間、プレゼンに向けて3つのグループで話し合っています。
これらは現実可能なのか、
冬休みにスケッターを体験して感じたことを社会福祉の方にお話して、
福祉を学ぶ学生の立場から、テーマの核心により近づけるためのアドバイスや
福祉を学んでいるからこその気づきや意見をいただきました。

 

 一週間後の14日、
事業者やプラスロボ、
社会福祉学科の先生方に向けたプレゼンテーションコンペティションを控えています。
2年一同プレゼンに向けて精一杯頑張っていきます。



1.基礎ゼミナールは、エンビズコースの1,2年生を対象としたクラスです。 

現在、2年生のクラスでは研究活動の一環として、
株式会社プラスロボが運営するサービス「スケッター」について効果的な広報手段を追究し学んでいます。

2 「スケッター」とは、介護施設での簡単な業務と、

スキマ時間を利用して働きたい人々をマッチさせ、業務を提供するサービスです。