学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

エンターテインメントビジネスコース

プレゼン準備に取りかかります! エンタメと医療のコラボ『患者力向上PR企画



こんにちは。エンターテインメントビジネスコース(エンビズ)2年の園田です。

エンビズの2年生は基礎ゼミナールⅢの授業で、エンタメと医療のコラボ企画「大学生をターゲットとした『患者力向上PR企画』」を進めています。

5月からPEP先生方やゲスト講師の先生方と共に進めてきた『患者力向上PR企画』ですが、今週は企画発表大会前最後のクラスでした。

9月1日に予定している企画発表大会では、5つの班がオンラインで企画のプレゼンテーションし、PEPの先生方やエンビズの先生方等に評価していただきます。

プレゼン大会には、ゲスト審査員として、医療報道のスペシャリストをお迎えする予定です。私たちの考えた『患者力PR企画』にどのようなご講評をいただけるのかとても楽しみです。

班会議では、プレゼン大会に向けて、班員の役割分担やプレゼンの内容を確認しました。

企画内容についての話し合いでは、自分たちのアイディアがPEPの先生方にご評価いただけるか、改善点はどこか、といった心配事が出てきました。

担当教員の外川先生から「エンビズの上級生に企画についての意見をもらってみるといいのではないか」とアドバイスしていただきました。

第三者から意見をもらうことで、自分たちの視点にはなかった新たな気づきが得られることがあります。夏休みを使って先輩方や周囲の人に意見をいただくことにしました。

いよいよ、夏休み明けの授業でプレゼン大会です。

今までのクラスでPEPの先生方と共に『患者力』の意義や必要性について考えたことを取り入れながら、エンビズ生のアイデアを生かした企画を提案します。

また、オンラインでのプレゼンテーションを予定しているので、表現に方法についても色々な授業での学びをヒントに工夫したものにしたいです。

引きつづき、夏休み明けのプレゼン大会に向けて、準備を進めていきます。