学部・大学院

DEPARTMENT

このコースがめざすこと

「教育学」「人間理解」「現場体験」の三本柱で、人を育てる力を持った人間へ

「先生になりたい!」という学生の夢を実現するため、教職コースは「教育学」「人間理解」「現場体験」の3つを柱に、教育者としての土台づくりを進めていきます。教員免許状取得に必要な専門知識・教育実践能力を学ぶと同時に、学内はもちろん地域や実際の教育現場での実習を通し、人を育てる大切さ、難しさを理解し、コミュニケーション能力も高めます。また、教育学だけでなく、心理学・哲学・宗教学・社会学など多彩な学問領域も学ぶことができ、広い視野から「人を育てること」にアプローチすることが可能です。

教育方針

ディプロマ・ポリシー(DP)

教育人間学科は、大学が掲げている教育ビジョン「4つの人となる」を、生涯を通じて体得していこうとする学生を育成するために、教育人間学科の教育課程を修了し、以下の資質・能力を備えた学生に学位を授与します。

知識技能
  1. 教育学、教職専門学、学校(大学)経営等の諸分野について、基礎的な専門知識を身につけている。
  2. 上記の学問知を自らの実践知(実践的行動)へと適用・応用することができる。
  3. 教育現場の問題解決のために必要な知識・技能を身につけている。
  4. 基礎的な研究方法や読み書き作文能力を身につけている。
思考判断表現
  1. 上記の学問知、実践知によって身の回りや社会における諸問題を自ら発見・分析し、解決方法について考察することができる。
  2. 上記の学問知、実践知について、自らの考えを他者に対して口頭あるいは文章で適確に表現することができる。
関心意欲態度
  1. 教育及び人を育てることに強い関心があり、その多様な方法や価値観について日々学び続けようとする姿勢を有している。
  2. 上記の学問知、実践知を活かして、社会、地域社会における自らの責任と具体的な役割を考えようとする態度が身についている。
  3. 上記の学問知、実践知をもって社会(コミュニティ)が抱えている課題に、他者と協働して解決しようとする意欲を有している。

カリキュラム・ポリシー(CP)

教育人間学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、教職コース及び教育・学校経営マネジメントコースにおいて、以下のカリキュラムを編成します。

教育内容
  1. 教育学、教職専門学、学校(大学)経営等の諸分野について、基本的な研究方法論と基礎的知識を身につけてもらうため、1年次2年次では教育学の基礎をはじめとする基礎科目を配置します。
  2. 実践知としての適用力・応用力を身につけるために、1年次から学校現場体験(教育の現場を知る)を配置します。特に発達障害の児童生徒に関わるための基礎的知識と技能について学ぶ臨床発達心理学を1年次春学期に配当します。
  3. 教育に関する専門的知識及び実践知を身につけるため、教職コースでは、2年次・3年次に教職課程の科目を集中的に配置します。教育・学校経営マネジメントコースも同様の観点から、大学経営に関する科目を主として2年次3年次に配置するとともに、職員業務の現場演習を3年次4年次に配当します。
  4. 1年次には、基礎的な研究方法のほか、読む・書く・発表に関わる技能を修得するため、演習科目として「基礎ゼミナール」を配置します。
  5. 2年次には、社会における自らの役割や責務について考える「教育キャリアゼミナール」を配置します。

【総合】
本学科で要求されるDP各項目を総合的に完成させるために、専門ゼミナールでは2年間の一貫教育を通して卒業論文を完成させます。

教育方法
  1. グループワーク:各ゼミナールを中心に、学生のグループワークを中心に展開する科目を配置します。
  2. PBL*:各ゼミナールを中心に、学生自身による問題や課題の発見、資料の収集と分析、解決方法の検討を行います。(*PBL=Project Based Learning)
  3. プレゼンテーション・討論機会の充実:1年次より発表・討論の機会を豊富に提供します。
  4. 幅広い学びの選択肢:両コースともに計画的な履修のモデルを学生に提示するとともに、主体的な学びを推奨するために様々な科目を広く選択できるように配慮します。

【総合】
実践的科目:現場体験(教育の現場を知る、職員業務の現場演習)の機会を豊富に提供します。専門ゼミでも、実地研修(フィールドワーク、現場での授業参観、研究会等への参加)の機会の提供に努めます。

評価
  1. 卒業論文については複数の教員による口述試問を通して評価し、DP達成の判断基準とします。
  2. 各年度末に、学生のGPAや授業参加状況を学科教員全員で共有し、それに基づいたカリキュラム改善を検討します。

アドミッション・ポリシー(AP)

教育人間学科は、ディプロマ・ポリシー(学位授与方針)に示した資質・能力を総合的に身につけている学生を育成するために、以下の資質・能力を備えた学生を求めます。

知識技能
  1. 高等学校で履修する教科のなかで、とくに国語、地理歴史、公民、外国語について教育内容を理解し、哲学、思想、宗教、文化の諸分野の専門的な学習に必要な高等学校卒業相当の知識と技能を身につけている。
思考判断表現
  1. ものごとを順序立てて論理的に考えることができる。
  2. 文章や口頭で、自身の考えをわかりやすく述べることができる。
関心意欲態度
  1. 文化や歴史、人間の生活にかかわるさまざまな問題に対して深い関心を持っている。
  2. 高度な読解力や分析力を身につけることに意欲がある。
  3. 自らの学びを通して社会に積極的に関わっていこうとする意欲がある。
  4. 他者の立場に立ってものごとを考え、行動する態度を身につけている。

カリキュラム

期待される主な進路

中学校・高等学校教員 / 教材開発・教育関連出版社 / 教育コンサルタント / 各種スクール経営 / 人材開発会社 / 福祉施設 / インストラクター ほか

教員はもちろんのこと、教育に関連したさまざまなフィールドでの活躍が期待されます。さらに、「人を育てること」に関する知識・能力やコミュニケーション能力を活かすことで、教育に限らずさまざまな分野で能力を発揮することができます。

担当教員

名前 専門分野
教授 金子幾之輔 カウンセリング心理学
高橋秀裕 数学史、科学史、科学哲学
滝沢和彦 教育思想、教師教育
准教授 坪井 龍太 社会科教育法・法学
専任講師 齋藤知明 宗教学・宗教教育