学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学専攻

【大学院】真言学智山・豊山合同修士論文中間発表会開催のお知らせ

こんにちは。
平成30年度大学院真言学智山・豊山合同修士論文中間発表会を下記の日程で開催いたします。

日時:平成30年6月13日(水) 11時~
場所:大正大学2号館8階 同窓会ホール

この中間発表会は、大学院での毎年の恒例行事であり、真言学研究室の智山・豊山合同でおこないます。
修士論文を提出する大学院生が、論文を執筆するにあたり、取り上げるテーマや資料、研究方法や現在の進捗状況等を発表する会です。

多くの諸先生方や先輩の大学院生にも出席していただいており、発表する院生にとっては、貴重なご意見やアドバイス等を頂戴できる場でもあります。

今年度は8名の大学院生が修士論文を提出予定です。以下に発表者の氏名・題目・時間を掲載いたします。

・1 青木 徹「不空訳『十一面観自在菩薩心密言念誦儀軌経』の研究」        11:00~11:20
・2 金城 礼「『金剛頂瑜伽護摩儀軌』の研究」                  11:20~11:40
・3 疋田 秀「浄厳述『臨終大事影説』の研究」                  11:40~12:00
・4 磯 親徳「『大日経疏』における真言の研究」                 12:00~12:20
          〈昼食休憩〉12:20~13:20
・5 赤穂 秀法「明治期真言宗における安心の研究」                13:20~13:40
・6 髙野 智史「『般若心経秘鍵』註釈類の研究」                 13:40~14:00
・7 川田 雄亮「『大日経』における灌頂の研究」                 14:00~14:20
・8 鈴木 健司「『大日経広釈』第1章「心の差別を説く章」に見られる唯識思想の研究」14:20~14:40

※発表会は一般公開しております。興味のある方は、どなたでも、是非お越しください!!

                                                                      真言学智山・豊山副手 記