学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学専攻

【令和3年度 智豊合同修士論文中間研究報告会 開催報告】

 令和3年6月30日(水)に、大学院真言学智山・豊山合同修士論文中間研究報告会が行われました。本会は、修士論文の提出を目指す大学院生が、それぞれの研究テーマにしたがい、研究方法や現在の進捗状況等について中間報告する会です。

昨年度はコロナ禍により、残念ながらオンライン開催となりましたが、今年度は十分に感染対策を行ったうえで、礼拝ホールの厳かな雰囲気のなかで開催されました。

 真言学在籍の大学院生8名(修士2年)は、コロナ禍により研究が制約されるなかでも、それぞれが最善をつくして研究発表を行いました。専任教員のみならず、多くの非常勤講師も参加し、発表者に対して厳しくも、きめ細かな助言や指導がなされました。

 今回の発表を契機として、各自、研究方法や理解度を精査し、よりよい修士論文を無事に提出されることを心より願っております。

文責:佐々木  大樹
大正大学  真言学研究室