学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

社会福祉学専攻

2019年度研究成果中間発表会を開催

 925日(水)、102日(水)の2回に分けて、総勢10名(D2名、M8名)の院生が研究成果中間発表を行いました。

 この発表会は、12月に提出予定の院生にとっては予備審査、修士1年生にとっては、研究成果発表のデビューとなっております。それぞれ院生は、緊張しながら発表に臨んでおりました。

 そして予備審査を通った院生は、12月の提出日を目指して、主査教員からの指導をはじめとして、発表会での先生方のコメントを活かして、提出日まで邁進されることでしょう。

 一方、今年度提出しない院生は、次回2月の大学院合宿で開催される発表会に向けて、研究が前進するよう取り組んで欲しいものです。

     
  (文責:宮崎牧子)