学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

社会福祉学専攻

研究倫理教育を実施

 去る5月11日(水)に、研究倫理教育プログラムを実施しました。

 第1部は、坂本智代枝先生から誠実な科学者の心得としてのお話、そして本学の研究倫理審査システムと「倫理審査請求・研究計画書」の解説がありました。

第2部では、今年度「実践分析研究報告書」(修士論文)を提出する予定者4名が、「倫理審査請求・研究計画書」の作成を通じた経験談の報告を行いました。

第3部は、ワークショップ形式で、博士課程院生と大学院研究生の司会・進行のもと、「倫理審査請求・研究計画書」の書き方を具体的に学びあう時間となっておりました。

一昨年、昨年の研究倫理教育は、オンライン実施でした。今年は、久しぶりに対面による実施となり、院生同士が活発に発言し交流を図っておりました。

 (文責:宮崎牧子)