学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学コース

仏教学科ではこんなことが学べます

仏教学科で学べることについて、いくつか例をあげて紹介します。

仏教の基礎(基礎科目)

  • 仏教史や仏教思想の概略(これは大切です)
  • 漢文やサンスクリットの初歩

仏教の思想、文献、歴史を学び、その教えを探求する(仏教学コース)

  • インド思想や初期仏教の教え
  • 「空」とは、「縁起」とは
  • 中国や日本の仏教の特徴

仏教に関係する文化、芸術、文芸を学び、体験する(仏教表現コース)

  • さまざまな仏像とその制作の背景を探る
  • 古寺名刹を訪ねるフィールドワーク 
  • 仏教にもとづいた日本の奥深い文化を知る
  • 実際に仏像を造ってみよう
  • 各宗本山での修行体験もできる

僧侶となるために(宗学コース)

  • 天台、真言豊山、真言智山、浄土の各宗の教えと歴史
  • お経の読み方、法要の作法
  • 梵字の書き方や詠唱

関連分野を学ぶ、仏教を発信する、現代社会との関係を考える(共通科目)

  • 教えを弘めるために何ができるか
  • 本学の宗学のほか、時宗、日蓮宗、禅宗の教え
  • 仏教の精神をもってどんな社会貢献や地域貢献ができるか

などなど、仏教学科の各コースで学べることは多岐にわたります。

 

まだまだご紹介できない部分もありますので、ぜひ8月21日(土)、22日(日)のオープンキャンパスに来校ください。お待ちしております。

→ オープンキャンパスのスケジュールと内容