学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学コース

【仏教学科リレーメッセージ】最終回!

これまで仏教学科の先生方からリレー形式でメッセージを書いていただきました。
最後に、仏教学科の助手・副手よりメッセージをお送りします。

助手・副手は、学科の事務を担当しています。
現在は在宅勤務ですが、メールやT-Poを通じて皆さんのサポートを行っています。
先生と連絡をとりたい、悩み事があるなど、まずは私たちに相談してみてください。
全員大正大学の卒業生8名です。
皆さんの立場にたって、また先輩として、優しく時には厳しく接しております(笑)
どうぞよろしくお願いします。 

 

<助手(池田)よりメッセージ>

皆さん、お元気お過ごしのことと思います。
希望に満ちた2020が一転、不安な毎日ではありますが、
この時間を有意義に過ごすことが次のステップに進む大きな力になりますよ。
目に見えない敵と戦うって大変ですね。
なるべく苛立つことなく過ごさなくてはと思い、こんなことを考えました。

外に出たい、旅行したいと思うなら、病気で動けない人の気持ちがわかるでしょう。
レストランで美味しい食事がしたいなら、貧困で食事すらできない子供の気持ちがわかるでしょう。
会いたい人にあえないなら、独り寂しく暮らすご老人の気持ちがわかるでしょう。
終息したら発散するかもしれませんが、一旦立ち止まったことで多くの気づきがあり、
これからの行動や行為が豊かになるようにと思うのです。
いよいよオンライン授業が始まります。私たちも初めての体験です。
皆さんの支援ができるよう頑張ります。

皆さんと見上げるはずだった今年の大学の桜の写真をプレゼントします。 


<副手よりメッセージ>

副手は、仏教学科各コースの学生さんにとって一番近い立場でサポートをしています。
特に、新入生のみなさんは直接顔も見えないなかでのオンライン授業となり、
多くの不安を抱えていることと思います。
慣れない環境で大変なことも多いですが、仏教学科一丸となって乗り越えましょう!

副手一同からは、お寺の春写真をお届けします。