学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

国際教養コース

ウェスタンミシガン大学生たちとの交流授業☆

5月15日(水)の授業「コミュニケーション英語Ⅰ」の時間を使って、ウェスタンミシガン大学から
日本に滞在中のアメリカ人学生11名と国際教養コース1年生21名が合同授業を行いました。

今回の合同授業の目的は以下の4つです。

1.国際交流を通して国際教養コースの授業の成果を発揮する
2.目的意識を持つことで言語習得へのモチベーションを高める
3.日本文化や仏教の魅力を理解し発信する
4.異文化交流での気づきを他者理解へと繋げる

まず学生たちは2,3名のグループに分かれて簡単に自己紹介をしました。

そしてキャンパスを離れて、巣鴨商店街に向かいました。

道中は日本人学生の解説で神社仏閣を参拝し、商店街を歩きました。

日本人学生はこの日の為に事前リサーチを行い、調査結果を英語にまとめて準備しました。

目的地である、大正大学が運営する京都のアンテナショップ「座・ガモール2号店」に到着。

お店の2階で霜村叡真(えいしん)先生のお点前を頂戴しました。

ここでも日本人学生は一生懸命お茶の頂き方を英語とジェスチャーで解説しました。

今回の旅行はアメリカ人学生にとって、初めての日本訪問です!

「日本人として、日本の伝統とその魅力を伝える」を初体験した学生たち。

この経験から沢山のことを吸収し、また今後の大学での学びに繋がることを願っています!

文責:野村島弘美