学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

国際教養コース

学内ギャラリーでの写真展「中正なる道ーMANDALAという宇宙」

大正大学5号館1階に設置されているギャラリー「ESPACE 空」で新しい写真展がスタートしました!

写真展のテーマは「中正なる道ーMANDALAという宇宙」☆

このテーマは、大正大学の建学の理念である「智慧と慈悲の実践」を基に、4つのキーワード「慈悲」「自灯明」「中道」「共生」のうちの「中道」をテーマにしたものです。

2018年度「慈悲」、2019年度「共生」に続き、2020年度「中道」、2021年度「自灯明」と4年間に渡り開催される学生がつくり上げる写真展です。

 

写真展づくりの中心に立つのは、仏教学科国際教養コース3年生たちです。

大正大学客員教授の太田菜穂子先生のご指導の下、写真家の大和田良さんのお力をお借りして1月11日にオープニングを迎えることが出来ました。

 

レセプションパーティーでは、大正大学学長の高橋秀裕先生のご挨拶を頂戴いただきました。

 

壁に展示されている大和田さん撮影の半蔵門ミュージアムの仏様の他に、学生たちが撮影した「中道」をテーマにした写真がメッセージと共にプロジェクターで映し出されています。

当日は学外からも多くの参加者の方がいらしてくださいました。

学生達は、それぞれの言葉で写真について、そして展示会についての思いを述べていました。

 

写真展に合わせたお食事とお飲み物を片手に、参加者と談笑する学生達☆

普段の授業では出来ない経験が出来た1日だったと思います!

学内ギャラリー「ESPACE 空」での写真展「中道なる道ーMANDALAという宇宙」は、2020年5月31日までの開催となります。

是非、ご覧ください!

文責:野村島弘美