学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

国際教養コース

国際教養コース学生がTOEICテスト900点を獲得しました!!

英語を必修科目として学ぶ国際教養コースの学生達は、年2回TOEIC Listening & Reading テストを受験します。 TOEIC L&R テストは社会でも重要な指標として活用され、高得点を持っていると留学、就職活動の際に有利です。感染拡大の影響で、学内で実施するTOEIC L&R テストはオンラインでの受験となっています。

2021年春学期に実施したTOEIC L&R テストですが、900点を獲得した学生います!さらに、800点台1名、700点台2名と、同学期からスタートした英語勉強会の効果も表れているかと思います。

今回900点を獲得した学生は、国際教養コース2年生、岡山県出身の大島 央夢(おおしま ひろむ)さんです。

大島さんに、今回の快挙についてインタビューさせていただきました!





Q1.大正大学仏教学部仏教学科国際教養コースを志望した理由は?

A1.私が国際教養コースを選んだきっかけは、高校生の時から興味があった日本文化を学べて、英語で発信する能力を培えるコースがある事を受験の際に知ったことでした。また、このコースでは茶道や華道を直接体験できるとホームページに書いてあり、自分にはここしかないと思い選ばせてもらいました。

 

Q2.大学での英語の授業はどの様なものですか?

A2.大学での英語の授業はとっても楽しいですし、今となっては生き甲斐みたいな感じです!去年一年間ずっとオンラインだったこともあり、いざ対面で受けてみるとネイティブの先生やクラスメイトとの英会話やトピックはとても興味深く、自分の英語学習意欲は今までにないほど高まっていると日々感じています。また、同じグループになった友人達の英語はそれぞれに長所があり、自分も頑張らなければすぐに置いていかれると何度も思い、良い意味で刺激を貰えたと思っています!

 

Q3.TOEIC L&Rテストの為にどのような対策を行いましたか?

A3.自分は去年の冬休みから単語帳で単語を覚えるようにしていて、休みが終わっても継続できるように通学中の電車の中で150単語という目標を立てて暗記を続けていました。また、単語だけでは不十分だと思い、リスニング能力を上げるために昼休みに実施されている英会話サロンに以前よりも参加するようにしました。そして、自分が最も効果的であったと思うのは先輩が開いてくださっている勉強会への参加です。勉強会では過去問を解いて先輩に採点してもらったり、わからない場所を聞いたりできたのでとても助かりました。

 

Q4.TOEIC L&Rテスト900点を取得してどんな気持ちですか?

A4.とても嬉しいですし、何より誇らしいですね!また、いろんな方への感謝の気持ちでいっぱいです!まず最初に大学に通うことを許可して背中を押してくれた両親には感謝してもしきれないですし、これでようやく親孝行できたかなって思います。次にクラスメイトの皆んなにも感謝しています!全員とても面白く、クラス全員で受ける英語の授業が楽しく感じ、英語学習へのモチベーションが今までにないほど高まりました。そして最後に勉強会でアドバイスをくださったり、過去問を一緒に解いて下さった先輩方には頭が上がりません!また、勉強会やサロンの機会を設けてくださった先生方にも感謝でしかないです!自分一人ではこんな得点とれなかったと思います。このような方々と巡り会えた自分は幸運だと実感しています!

 

Q5.英語を使って将来どのような夢を叶えたいですか?

A5.将来はまだ決まってはないですが、日本文化を今よりも学んでより多くの人に日本の素晴らしさを知ってもらいたいと思っています。そのためには今よりも英語学習に力を入れるだけでなく、華道などの日本文化についての知識を深めていけるよう日々精進していきたいです。

以上がインタビュー内容です。

大島さん、おめでとうございました!