学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

日本文学科

【日本文学科】「おうだい子ども日本語教室」が始動しました!

8月1日(月)に記念すべき第1回「おうだい子ども日本語教室」が開催されました。

当日はたいへんな暑さにもかかわらず、巣鴨近隣に在住する外国につながる子どもたちがたくさん参加してくれました。

「おうだい子ども日本語教室」は、本学科の教員、本学大学院国文学専攻の修了生(現在、他大学で留学生に対する日本語教育に従事しています)、日本語教育やボランティアに強い関心を持つ本学科学生有志によって運営されています。

本学科では、数年前から地域日本語教室の実施を計画・構想し、その実現に向けてFDや勉強会を行ってきましたが、この度いよいよ機が熟して第1回日本語教室を開催することができました。

関係者一同、入念な新型コロナ対策はもちろんのこと、参加者のニーズに応えるためにさまざまな工夫、準備をして当日に臨みました。

教室では子どもたちにいくつかのグループに分かれてもらい、グループごとに担当学生が日本語支援、教科学習支援を行いました。

参加してくれた子どもたちの日本語習得状況を確かめつつ、日常生活や学校での学習に必要な日本語や知っておくと便利な情報や知識、さらに夏休みの宿題などを一緒に楽しく勉強しました。

終始、和気あいあいとした雰囲気で、教室のあちこちで子どもたちや学生たちの笑顔が見られました。

教室運営に参加協力してくれた学生たちも、きっとたくさんの大切な「気づき」を得ることができたはずです。

今回の貴重な経験を糧として、次回以降の日本語教室でもますます活躍されることを心から願っています。


参加した学生有志と中川祐治先生
(いずれも顔出しOKの学生のみ掲載しています)
 
次回の「おうだい子ども日本語教室」は8月22日(月)開催予定です。詳細は下記ポスターもご覧ください。
おうだい子ども日本語教室チラシ(日本語版)のサムネイル
 
大正大学文学部日本文学科では、これからも様々なイベントや取り組みを行っていく予定です。どうぞお楽しみに! 良かったら、先日ご案内したTwitterもチェックしていってください。
 
大正大学文学部 日本文学科