学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

地域創生学科

上池袋くすのき公園にてパークカフェイベントを開催しました!

前回につづき、地域創生学部三年生の公園カフェ班からの報告です。


先月24日日曜日に、豊島区の上池袋くすのき公園にて第2回パークカフェイベントを開催しました。


当日は天候にも恵まれ、心地良い日差しのもと、蔵前のカフェenさんのコーヒーと洋菓子を販売しました。

今回は前回の内容に加えて、子供たちが公園で楽しむことが出来るようにシャボン玉を設置するなど、遊具の配置に工夫しました。私たち自身が地域実習の期間中ということもあり、企画から買い出しまで厳しいスケジュールのもとで準備を行ってきましたが、なんとか開催することができ、班員のみんなに感謝しています。公園に来てくれた子供たちはみんな元気いっぱいで、私たちも充実した時間を過ごすことが出来ました。公園で遊ぶ子供たちにシャボン玉がとても人気で、15時前にはほとんどシャボン液が無くなっているほどで驚きました。準備段階からご協力してくださった皆様、ありがとうございました。

今までの活動を通じて、豊島区は大規模公園だけでなく、街なかの小さな公園まで様々な公園政策を行っていること、豊島区には関わる人みんなが楽しみ、心地の良いコミュニティ空間が広がっていることを実感することが出来ました。特にパークトラックは公園にちょっと立ち寄りたくなるツールとして最適で、いつもと違った空間や特別な居場所を作ってくれる気がします。また、自治体だけでなくパークトラックを運営される方々など官民連携の観点からも公園を知ることが出来ました。

 

前回同様、コロナ禍で課外活動がやりにくくなった環境で、このような貴重な機会を頂き、また同じメンバーでパークトラックを使ってカフェイベントをすることができ、最高の時間でした。ありがとうございました。今後は「カフェ」という形だけでなく、パークトラックをより多くの人にとって楽しむことが出来る企画も考えていこうと思います。今回以降も区内の各公園でパークトラックは運行されます。時間ある方は是非行ってみてください。

 

大正大学 地域創生学部 公園カフェ班
福島一樹 岡本理那 中山隼也 星奏実

 
執筆 地域創生学科3年 福島一樹
(監修 高橋若木)