学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学コース

平成23年度真言宗豊山派指定研修のご報告

平成23年度真言宗豊山派Ⅱ・Ⅳ期指定研修の風景

 

 大正大学仏教学科の真言豊山学では、毎年、夏期(Ⅰ・Ⅲ)と冬期(Ⅱ・Ⅳ)の二期にわたって奈良県にございます総本山長谷寺にて宗派指定研修に参加しております。そのうち、冬期では2月中旬になりますと、指定研修Ⅱ・Ⅳ期生の参加のもと、合同研修が行われます。おもな研修は二箇法要・報恩講・御詠歌・布教などです。

 今年は非常に寒い日が続きましたが、受講生の皆さんは元気いっぱいで精力的に取り組んでいました。これからご紹介する写真は、二日目(2月18日)と三日目(2月19日)の様子です。

 

この風景は、二日目の夕勤行(三十七尊礼)を行っているところです。何人かの受講生が床に正座しているのを見ると、涙が出そうです!

 

P2180015.JPGP2180008.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

P2180007.JPGP2180002.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とくに三日目の朝勤行のおり、観音堂ではマイナス4℃ということで、衣から出す手も凍りそうな気がするほどの寒さでした。でも、ご覧のとおり、受講生は一心不乱に『観音経』を読誦しております。このころになると、足のしびれも最高潮ではないかと思われます。

 

P2190017.JPGP2190016.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上の写真をご覧いただくと、豊山派の学生さんも一生懸命ガンバッテいる姿がおわかりいただけると思います。これからも学生の皆さんもさることながら、われわれ豊山派教職員一同、さらなる努力精進をいたす所存でございます。関係各位のご協力を切にお願い申し上げます。

                                         合掌

                            真言豊山学 准教授 大塚伸夫 拝