学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

仏教学コース

【豊山研究室だより】水曜礼拝

10月17日水曜日

大正大学礼拝堂にて水曜礼拝が行われました。

今回は真言宗豊山派が担当しました。

 

今回の勤行では、豊山派の総本山奈良長谷寺での朝勤行において称えられている、

『錫杖経』と『観音経』を中心とした内容となりました。共に錫杖や拍子木、太鼓を用い、これらの音に合わせて称える独特のリズムと迫力のある読経です。

春学期の大学入門でも長谷の朝勤行を厳修しましたが、今回は時間の関係もあり一部省略した形式で行われました。

 

PA170054.JPG

IMGP0909.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『観音経』は正式には『妙法蓮華経観世音菩薩普門品第二十五』といい、観音菩薩という広く信仰される仏を讃え、その教えを説くという内容から、宗派の枠を超えて多くの人に読まれるお経の一つでもあります。

 

DSC00563.JPG

DSC00577.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 当日は、真言宗豊山派学生会を中心に一年生から三年生まで、編入生を含み多くの学生が参加してくれました。 

 

DSC00561.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

大正大学では、秋セメスターの水曜昼休みの時間に、水曜礼拝として各宗派持ち回りで勤行を行っています。

 中々見る事ができない各宗派の法要、皆さまぜひご覧ください。

 

DSC00587.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

                                                     

    仏教学科非常勤講師 舎奈田智宏