学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

カルチュラルスタディーズコース

Joke! ジョーク! じょうく!――2018年度春学期「カルチュラルスタディーズ総論」から


みなさん、夏休みはいかがお過ごしでしょうか。

カルスタ生のみなさんは、課題や卒業論文、就活などそれぞれ忙しく活動していらっしゃるかもしれません。
受験生のみなさんは、オープンキャンパスなどを通して自分の進路を見極めているところでしょうか。

在学生にとっても、受験生のみなさんにとっても平成最後の夏がよりよいものになりますよう。

さて、春学期にカルチュラルスタディーズコースの1年生が受講する「カルチュラルスタディーズ総論」では「ジョークを作ってみよう」というワークショップを行っています。
ジョークが理解できる、ジョークで笑えるということは、共通の文化基盤がなければできないことです。
コミュニケーション・メディアとしてのジョークの働きを実践的に考えてみようというワークショップです。

今年もたくさんのジョークが生まれました。
その中から、いくつかをご紹介します。
教室で生まれたジョークは時として、大正大学のカルチャーを前提にしているものもあります。ピンとこないものも中にはあるかもしれませんが、私たちには「つぼ」をついたジョークです。

・・・

象と虎は競い合っているよね

・・・

せっかく千葉に来たので、観光名所を教えて
とりあえずテッパンは東京ディズニーリゾート、イルミネーションなら東京ドイツ村、買い物ならららぽーとTokyo-Bay、新東京国際空港もあるし、
いや、千葉の名所を教えて!

・・・

ミニでは収まらない「ミニ課題」

・・・

A 大学生って自由な時間がいっぱいあるよね~
B そうだね、課題も余裕で終わるね~
A 他の学科もそうだよね
B うん、そうだと思うよ

実は余裕で終わっていない…

・・・

自己紹介でカルスタっていうと、カステラ?と聞かれる

・・・

ジョークか思いつかなかったから、お隣と相談しようとしたのだけれど・・・お隣の席って、rucksackさんなの…

・・・

「俺今日誕生日なんだよね~だから飯おごってよ」
「おっ奇遇だな、俺も今年誕生日なんだよね」

・・・

緊張して見ないように歩いていたら、思わずあの子にぶつかってしまったんだ。だから慌てて言ったよ。「ごめんよ、恋は盲目なんだ」ってね。

・・・

キーボード、打てば文字に弾けば音に。
買い間違いに注意。

・・・

ジョークの課題が出て悩みに悩んだ結果、googleで「ジョークの作り方」を検索した。

・・・

過去のジョークはこちら↓↓↓
https://www.tais.ac.jp/faculty/department/cultural_studies/blog/20150917/35954/

★副手 高野