学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

エンターテインメントビジネスコース

卒業論文中間発表会を開催しました!

こんにちは、エンターテインメントビジネスコース(以下エンビズ)2年の白鳥です!

関東では11日に梅雨入りし、初めての土曜日は雨となりましたがいかがお過ごしでしょうか。

エンビズでは、本日、6月13日(土)に卒業論文の中間発表会を開きました。

卒論中間発表とは、エンビズコースの3年生と4年生が、
調査、研究をしている卒業論文について、経過を報告する毎年恒例のエンビズの行事です。

1年生、2年生は先輩方の研究に触れ、
エンターテインメントやエンターテインメントビジネスについて詳しく知るとともに、
いずれ書く卒業論文の書き方やテーマ設定などについて学ぶことを目的に発表を聴講します。

例年は、いくつかの教室に分かれて発表し、
1年生、2年生は興味のある発表を聞きに教室を尋ねていくのですが、
今年は新型コロナウィルスの感染拡大防止のためオンライン講義期間であることもあり
ウェブ上の仮想空間での発表となりました。

また、今年度から1年生は2年次にコースに分かれることになったため、
今年は主に2〜4年生が参加しました。しかし、1年生も積極的に参加して上級生の研究内容について質問する様子もありました。

先輩方の研究は多岐に渡っており、エンビズコースならではの音楽や舞台に関わる論題や、
新型コロナウイルスの感染拡大防止措置がどのようにエンターテインメントビジネスに影響を及ぼすか等
時事性の高いものが多くあり、楽しく拝聴しました。

さらに、論題からゼミごとの研究対象や取り組み方の特色なども知ることができ、
3年次のゼミ選びの参考にしたいと思いました。

中間発表会では、感想や質問を発表者に直接伝えることができたり、
先生方のアドバイスや学生たちの質問も聞くことができました。とても貴重な機会でした!

私たち2年生も、来年、再来年には卒業論文のために調査研究をします。
待ち受ける未来に気を引き締めて取り組みたいと思います!