学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

エンターテインメントビジネスコース

【産学連携プロジェクト 新しい企画立案プレゼンの開幕です!!】

こんにちは。今回のブログを担当させていただく、アート&エンターテインメントコース(以下アーエン)2年の藤井です。

 今回は6月7日に実施した授業の報告です。

 
私たちは今年度、2025年問題をエンターテインメントの力で解決することに臨んでいます。

2クオーターは「高齢者」をキーワードに介護施設と地域を結ぶ企画立案です。

 

今回私たちの授業に協力してくださる会社は、「株式会社プラスラボ」さんと「キャップクラウド株式会社」さんです。

介護施設の現状についてお話を聞いたところ、施設は閉鎖的になってきているといいます。地域と施設の接点づくりとして、施設内の空いているスペースに地域との交流機会を用意することが課題として設定されました。

 これから私たちは、「施設を知ってもらうために、イベントの企画・運営をする」こと「日常的に施設に出入り出来るワークスペースの使い方を考える」の2つを検討します。

実際に検討する施設を提供していただきました
「特別養護老人ホーム神明園」さんと「特別養護老人ホームラペ二子玉川」さんです。


授業では神明園さんとリモートで繋ぎ、実際に施設の中を見せていただきました。

 初回の授業では、企画の概要を掴むのに苦労しているチームが多く見受けられました。
それでも「高齢者」の問題は他人事ではないので、社会に貢献できる企画を学生目線で提案できるように頑張っていきたいと思います。

 

また、企画には第クウォーターと同じチームで挑みます。前回の反省を生かしていこうと考えています。