学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

人間科学専攻

在学生が日本社会学会大会で発表します

 人間学研究科の博士後期課程である福祉・臨床心理専攻に在学する河田純一さんが、
第94回日本社会学会大会で発表します。
同大会はZoomを用いたオンライン開催です。

 発表の部会、日時、タイトルは以下のとおりです。


  11月14日(日)9時30分~12時30分
  福祉・保健・医療(3)
  河田純一
  「「がん経験」を活かすがん患者と社会制度の再帰的関係
    ――「患者」であることを生業とするHさんの事例から」
  (94回日本社会学会大会プログラム


 報告者4人の部会で最初に報告します。
 報告要旨は、 こちら でご覧になれます。

 第94回日本社会学会大会にご参加の方は、ぜひ河田さんの報告を視聴ください。
あわせて、ご助言、ご感想などお聞かせいただければありがたく存じます。

                               (井出 裕久)