学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

臨床心理学専攻

【教員紹介】西牧陽子先生

専任講師の西牧陽子(にしまきようこ)と申します。

大正大学の学部を卒業し、大学院を修了後、本学附置研究所のひとつであるカウンセリング研究所の相談員として長く勤務してまいりました。したがって研究テーマは、日々の実践から生じるものが中心となります。そのひとつは、聴覚障害に加えて精神障害、知的障害、視覚障害、肢体不自由などの障害を併せて抱えている、重複聴覚障害の方々への心理的支援についてです。施設職員の方々と一緒に、障害を抱えながらもその人らしく生きるために、どんな支援がご本人の役に立つのか、悩み考える日々を送っています。
また昨年からは大正大学では、入学して間もない1年生を対象とした、『新入生サポート・プロジェクト』という研究プロジェクトを行っています。プロジェクトに参加を希望した1年生の方々と一緒に、日常生活の困りごとにどう対処していけるのか、問題解決に向かう方法のひとつを練習していくグループ活動を、プロジェクトチームとともに行っています。身体的にも精神的にも健康で、充実した大学生活のスタートを切れるよう、そのために必要なサポートは何か。研究報告が出るのはこれからですが、ご協力くださった皆さんの経験や声を大切に、プロジェクトチームで分析・検討をしています。