学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

宗教学専攻

【大正さろん活動報告】 仏像レリーフつくり②

 先週からお伝えしております、大正さろん活動報告ですが、今週は仏像レリーフのひとまずの完成をお知らせしたいと思います。

(前回→ /wp/wp-content/uploads/major_in_religious_studies/2012/10/25-212957.html )

 9月末より開講してきました仏像レリーフ教室ですが、ほぼ皆様の作品が完成いたしました。

写真.JPG

 最初の作品は、先生が作ってくれた見本のもと、お地蔵さんを作成いたしました。大正大学・大正さろんがある巣鴨と言えばお地蔵さんですが、お地蔵さんの造形が初心者には作成しやすいということでした。全員同じ型を使用して、下絵を木の板に描いているのですが、つくり手によって個性が出たお地蔵さんになりました。

 造っていくなかで参加者の皆さんが一番苦労したのは、お顔でした。凹凸をつけることだけでなく、お地蔵さんの目鼻立ちをどのように彫っていくのかと、一彫り一彫り、慎重に仕上げて参りました。細かく彫刻刀を使用することが多く、また、彫刻刀を使うのが小学生以来という方が多いなかで、誰一人怪我することなく作品を完成することが出来たのは、先生のご注意と御指導の賜物でした。

 来週以降は、立体に挑戦する方、別の型を使用して別のレリーフに挑戦する方と様々ですが、閉室までに頑張ってもう一作品造れればと参加者一同で挑戦してまいります。

(文責・魚尾和瑛)

 

 

(この記事は、大正大学宗教学会のホームページの内容を掲載しております)

大正大学宗教学会HP http://www.taisho-shukyogakkai.net/