学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

宗教学専攻

公開シンポジウム「イエ亡き時代の死者のゆくえ」のお知らせ


 2016年2月20、21日に、東北大学宗教学研究室主催の公開シンポジウム「イエ亡き時代の死者のゆくえ」が開催されます。
 シンポジウム2日目には、本学の村上興匡先生が発表されます。葬送墓制について関心のある方は、ぜひご参加ください。

IMG_5006


【日時】 1日目: 2016年2月20日(土)午後 1 時~5 時
     2日目: 2016年2月21日(日)午後 1 時~5 時
【場所】  東京都青山葬儀所 ( 東京都港区南青山 2-33-20 )
【主催】  東北大学宗教学研究室

【参加費】 無料 (事前申し込み不要)
【定員】 都民ならびに葬送墓制に関心のある方、先着 300 名
※当日、希望者は青山葬儀所を見学できます。詳しくはこちらをご覧ください。


≪スケジュール≫
▼1日目(2月20日)
12:30 開場
13:00~13:10 開会の挨拶 企画の趣旨
13:10~13:40 鈴木岩弓(東北大学 教授)
    「死者を忘れない-“死者の記憶”保持のメカニズム-」
13:40~14:10 谷川章雄(早稲田大学 教授)
    「発掘された江戸・東京の墓-家と個人をめぐって-」
14:10~14:40 朽木 量(千葉商科大学 教授)
    「屋敷墓から見た近世・近代」
14:40~15:00 休憩
15:00~15:30 山田慎也(国立歴史民俗博物館 准教授)
    「納骨堂の成立と展開」
15:30~16:00 森 謙二(茨城キリスト教大学 教授)
    「〈家〉なき時代の葬送と法」
16:00~16:50 質疑応答

▼2日目(2月21日)
12:30 開場
13:00~13:30 小谷みどり(第一生命経済研究所 主任研究員)
    「誰が死者を弔い、お墓を守るのか」
13:30~14:00 槇村久子(京都女子大学 名誉教授)
    「個人化・無縁化社会を超える葬送墓制」
14:00~14:30 村上興匡(大正大学 教授)
    「葬儀研究からみる弔いの意味づけの変遷」
14:30~15:00 休憩
15:00~15:30 コメント 戸松義晴(日本宗教連盟 元事務局長)
15:30~16:50 討議


≪シンポジウム趣旨≫ (パンフレットより抜粋)
 これまでの日本では、身近に「死者」が出ると、その子や孫といったイエの人々が、地域の人々の力を借りて、遺体処理・葬送儀礼・造墓などの一連の仕事を担うことが常であった。
 しかしそうした慣行も、近年の社会変動の波を受けて「地縁」の縛りが弱まり、戦後民法からイエ制度が消滅しイエ意識も希薄化してきた中で、そのあり方を再考しなければならない時期に入ってきた。本シンポジウムでは、現代の日本社会において、従来イエが担って執り行ってきた葬送墓制の今後を知りたい、という誰にとっても切実な問題を、分野横断的な研究者の共同討議の中から明らかにしていこうとするものである。
 “超高齢多死社会”を迎える今後の日本を見据え、フロアのみなさまともご一緒に考えてみたい。