学部・大学院

「学び」と「実践」を通じた人材育成

宗教学専攻

【宗教学専攻】『宗教学年報』第33輯が刊行されました


 大正大学宗教学会で発行している『宗教学年報』第33輯がこのたび刊行にいたりました。執筆者・関係者のみなさまに、心より感謝申し上げます。

 本輯には、論文4本、書評と紹介3本に加え、昨年度の研究室のあゆみ、ブログ記事、修士論文題目一覧などを掲載しています。
 本研究室の院生とOBによる国内外の仏教や新宗教に関する論考、修士課程1年生による書評、全7本とも力作揃いです。会員や関係の方々にはもちろん、進学を考えている方にとっても、研究室の具体的な活動を知っていただける内容になっています。
 ぜひお手に取ってご覧下さい。



 大正大学宗教学会OB・OGや会員、関係者・関係機関のみなさまへの発送につきましては、完了いたしました。もしOB・OG、会員の方で、お手元に届かない場合は、大変お手数ですが下記のメールアドレスにご連絡いただけると幸いです。
 なお、非会員の方でお求めになる場合は、1部1,000円+送料180円(計 1,180円)にてお送りさせていただきます。こちらも下記のメールアドレスにご連絡ください。

 info★taisho-shukyogakkai.net (★を@に変換)


 第33輯の目次は以下の通りです。


《論文》

対外謀略と経済調査に関わった仏教者 ―近代日タイ関係と佐藤致孝―  大澤広嗣

沖縄の新宗教における宗教実践 ―龍泉の至福者研修を事例に―  長島三四郎

ハワイにおける浄土宗の現代的様態 ―教団機関紙の分析から―  中村悟眞

植芝盛平における神観念  下垣良太


《書評と紹介》

川島敏郎著『相州大山信仰の底流―通史・縁起・霊験譚・旅日記などを介して―』  小泉 壽

山田仁史著『新・神話学入門』  塚越明香

田中大介著『葬儀業のエスノグラフィ』  渡邉龍彦


《彙報》

研究室のあゆみ

ブログ記事

修士論文・開講科目一覧



                                    (文責・大場あや)